不妊は性病を放置していることが原因となる時も

不妊を医師に相談する患者 性交渉は男女の間で多く行われますが性病にかかる可能性もあります。しかし多くの性病は自覚症状に気づかないうちに進行してしまいます。症状を感じた時にはある程度進行している段階であることが多く、治療もより必要になります。様々な性病の治療法は日々研究され治療可能になりつつあります。

しかし性病の治療が遅れるにつれて体内で起こる変化や悪影響も重症化していきます。特に女性の場合は性病を放置してしまうことで不妊を引き起こしてしまう可能性もあります。女性の不妊を引き起こす性病の中で代表的なものとしてはクラミジアがあげられます。女性がクラミジアに感染すると膣内を菌が進行し、卵管部分を通って子宮頸管粘膜で炎症を起こしてしまいます。それに伴い卵管の閉塞が引き起こされてしまいます。

卵管は卵子の通り道ですが、そこが閉塞することで卵管采の機能が十分に働かなくなってしまいます。その結果、卵子をうまく取り込むことができなくなります。胎児は受精した卵子が取り込まれることで妊娠するため、それが阻害されると自然と不妊に至ります。

クラミジアが起因した不妊は過去に妊娠・出産の経験があっても起こります。あくまで性病感染に伴う子宮頸管粘膜の炎症によって引き起こされるため、元々十分に妊娠可能な体質であったとしても関係なく引き起こされてしまいます。
またクラミジアは放置することで炎症も進行していき、卵管の閉塞の悪化以外にも卵管の変形やほかの臓器・組織との組織癒着など妊娠をする上で大きな障害となってしまいます。特に子宮頸管粘膜はデリケートかつ内面に位置するため直接的な治療も困難でありそして重症化するほどに治療も困難となっていきます。

症状が進むとクラミジアは完治しても妊娠できない身体になってしまうこともあります。そのためクラミジアに感染した時は放置せずにすぐに治療が必要となります。加えて気づかないことで症状が進行しない様に定期的な検査も推奨されています。

不妊治療にはお互いの精神力が必要

不妊治療をするにあたり女性はまずクラミジアをしないといけませんが、それは男性にも求められます。クラミジアは男性にも感染し、女性が完治しても男性側が保菌していると再び女性が感染する可能性もあります。そのため互いに完治した状態でないと性交渉のたびに感染のリスクが伴います。そのため完治までの間、互いに支えあう努力が求められます。

結婚するにあたり性交渉のパートナーは基本的に相手のみになります。しかしどちらかが結婚より前に性病に感染している可能性も十分にあります。そのため結婚前のブライダルチェックを行い、それがきっかけで感染の有無や妊娠可能かなどを知ることも出来るため推奨されています。

ブライダルチェックの内容としては主に血液検査や膣・おりものの状態のチェック・下腹部の疼痛の有無・出血状態や血液状態の確認・生理の乱れや不正出血の有無・子宮や卵巣を超音波で検査するなど妊娠する上で問題がないか様々な検査が行われます。クラミジアの感染の有無に関しては血液検査で発覚します。

血液検査にてクラミジアIgG抗体値が0.9を超えていると感染中か感染の既往があるとされています。感染すると体内で抗体が生成されますが、感染しないかぎりはIgG抗体値は基本的には0.9を超えることはありません。そのため妊娠がしにくい状態である可能性があるといえます。

しかし抗体値が高いだけですでに菌は存在せず感染していない可能性もあります。そのためより精密な検査を行い感染の有無を知っておく必要があります。それは男性側も同様であり、男性が女性を不妊に至らせる可能性も十分にあり得ます。そのため互いに治療に取り組み為の精神力は必要となります。

おすすめ記事はこちら