2人目を出産する時の産み分け法

赤ちゃん 一人目のお子さんの子育てがある程度落ち着いてくると、考え出す方が多いのが「二人目どうするか」ということ。男の子を産んでいれば次は女の子がいいな、や二人目もやっぱり女の子が良い等、一人目の出産育児を経験したからこそ二人目は産み分けを考える方が増えています。

コーヒーをたくさん飲んでいると男の子が生まれる、パパのほうがママが好きだと女の子などの迷信があるように、赤ちゃんの産み分けに関しては昔から考えられていたことだとうかがえます。赤ちゃんの性別は卵子に受精した精子によって決まります。産み分け法にはどんなものがあるのか、男の子と女の子でどんな差があるのか見ていきます。

結論から言うと100%確実な産み分け法というのはありませんが、こんな方法を使えば赤ちゃんの性別を産み分けられるという確率を上げるための手段はいくつかあります。

精子には男の子を作るY精子と女の子を作るX精子があり、Y精子はアルカリ性に強く、X精子は酸性に強いという性質を持っています。つまり精子の状態が赤ちゃんの性別を決めるのに重要な役割を担っています。
さまざまな菌から守るため膣内は酸性なのですが、排卵日が近づくとアルカリ性に変わります。X精子はY精子よりも寿命が長く、排卵日まで卵管内で待つことができるので、排卵日の2、3日前に性交渉すると女の子を授かる可能性が高まります。反対に、Y精子は寿命が短いので排卵までに卵管内で待つことは通常できません。男の子を希望しているなら排卵間際もしくは排卵直後に性交渉のタイミングを持つのがベストです。男の子の場合はいかにY精子を卵子に多く届けられるかが大事になってきますので、排卵日周辺に一回だけでなく複数回性交渉することで確率を上げることができます。

最近では酸性、アルカリ性それぞれのゼリーなど産み分けをサポートしてくれる商品もあり、赤ちゃんの性別に強くこだわる方は性交渉に取り入れることも可能となっています。

性行為の感じ方によって子供の性別が決まる?

性交渉のタイミングだけでなく、性行為の感じ方や性欲をコントロールすることでも赤ちゃんの性別に影響を与えます。

男の子を希望する方なら女性がオーガズムを感じ、なるべく深く挿入できる体位で性交渉してください。男の子を作るためのY精子はアルカリ性に強いため、いつもは酸性の子宮をアルカリ性にする必要があります。そのためには女性がオーガズムを感じることが非常に効果的で、女性が興奮を得ることで子宮からアルカリ性成分が分泌されます。そして深く挿入することで、精子が酸性の子宮にいる時間を短くすることができるのでよりY精子が受精する確率を高めることができます。

女の子を希望する方なら女性がオーガズムを感じない性行為、かつ浅く挿入するようにしてください。X精子が酸性に強いため、子宮をアルカリ性にしないよう女性がオーガズムを感じないようにします。そして膣の入り口付近で浅く射精することで精子が酸性部分に長くいることになるため、よりX精子が受精する確率を高めます。

また産み分けには男性の性欲制御も重要で、男の子を産みたい場合はY精子を増やさないといけませんが、それには男性の禁欲が必要不可欠です。なぜなら禁欲することでY精子の濃度があがるからです。具体的には排卵日の3~5日前から禁欲し、排卵日に向けY精子の濃度を上げてから性交渉することで男の子の確率をぐんと高めることができます。禁欲期間はあまりに長い間設けると逆効果で、長期貯め込むことで精液量は増えますが精子の運動率が低下し、受精確率が下がってしまう為注意してください。

産み分けを指導するクリニックも増えていますので、必要に応じて専門家のサポートを受けるとより産み分け確率が上がる可能性があります。もし産み分けをした結果が望み通りでなくても「赤ちゃんを授かれてよかった」と思う心構えは持っていてください。

おすすめ記事はこちら